カンボジアから技能実習生を獲得する流れとは

subpage01

カンボジアは、国民の90%がカンボジア語を話し、仏教を信じている国家です。


発展途上国としていまだに日本の昭和時代のような田園風景や人々の生活を見ることができます。
国内での経済はまだまだ発展途上のため、若者の多くは職に就けないでいる状況で、日本で技術を身につけたいという若者が多いです。
賃金も他国に比べて低水準ですので、優秀な人材でも満足な生活ができない現状があります。技能実習生を育成する学校なども数多く存在し、政府から認定を受け、技能実習生を養成するため、日本語や生活指導などを徹底的に行っています。手先が器用で実直な技能実習生を獲得するには、このような養成機関に相談するとよいでしょう。

カンボジアの技能実習生が最近こちらで話題になりました。

カンボジア人の技能実習生獲得の流れは、現地にて訓練された実習生を実際に面接し、選抜して、日本語教育を受けた後に入国します。

現地のスタッフが書類などを作成しますので入管申請などはスムーズです。



実習生候補者は、事前に健康診断や日本向け企業に合っているかどうかなど条件をクリアしたレベルの高い実習生ばかりです。



受け入れ条件や職種、年齢、性別なども選ぶことができますので、受け入れたい実習生を選ぶことが簡単にできます。


日本入国までは現地会社のスタッフが日本語でサポートしてくれますので、安心してサービスを利用してみてください。初めての技能実習生の受けいれをする企業の場合には、不明点などは事前に相談されることをお勧めします。