カンボジア技能実習生の働きぶり

subpage01

日本では、多くの技能実習生を受け入れて技術の身に着け母国に帰ってもらって開発が進められるようにするという活動を積極的に行っています。

カンボジアの技能実習生情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

その中でもよく働き日本の技術を身に着けようと必死の学ぼうという意欲があるのは、カンボジアの技能実習生の皆さんです。

カンボジアは、まだ発展途上国なので多くの技術を必要としています。



必要としている技術を簡単に身に着けることができる日本へ技能実習生として出稼ぎに来るということは、カンボジアでは、普通になってきています。

技能実習生は、日本企業へも大きな利益をもたらすことができるのです。
カンボジアの人たちは、初めに言ったようにとてもまじめに働いたり学ぼうと意欲的に行動したりすることができるのです。このようなカンボジアの技能実習生が会社に1人いるだけで会社内の雰囲気は大きく変わります。

学ぼうとする姿勢に感激を受けて社員たちがもっと教えることや実際に作業することの技術を上げ良い手本になれるように努力するようになります。
そうすることで社内でも競争心が生まれいい技術や効率的な作業が生まれて言ことでしょう。もう一つ企業にメリットがあります。
それは、安い給料で優秀な人材を確保することができるのです。
人件費を削減することで利益を大きく伸ばすととが可能になってきます。



そうすることができてくると利益アップに貢献した社員に対して手当などを出すことができ社員のやる気アップに繋がり良い循環を作り出すことが可能です。