カンボジア技能実習生の受け入れを検討しましょう

subpage01

近年の日本では少子高齢化の進行により、労働力の不足が深刻な問題となっています。

注目のカンボジアの技能実習生が有名になってきました。

特に3Kと呼ばれる職場は現代日本の若者からは敬遠されることが多く、人手不足が原因で事業の継続そのものが困難になってしまうケースが増えているようです。


労働力の不足でお悩みの企業経営者様は、カンボジア技能実習生の受け入れを検討してみてはいかがでしょうか。
技能実習制度は発展途上国における、「人づくり」を目的とした制度です。



厚生労働省では技能の習得を目的とした外国人の技能実習生を受け入れる、技能実習制度を平成5年に創設しました。
先進国である日本が国際社会の中で調和のある発展を目指すために、開発途上国への技術・技能・知識の移転を目的として、技能実習生を労働の現場に受け入れることを認めたのです。技能実習生は「技能実習」による在留資格を習得することができますし、労働に対しては一定の報酬が支払われることになります。現在日本では様々な国からの技能実習生を受け入れていますが、中でもカンボジアはおすすめの国だといえるでしょう。その歴史上日本とのかかわりが強く、戦後においても日本が積極的な経済援助を続けてきたため、カンボジアには日本の技術や文化に強い関心をもつ親日家が多くなっています。


さらに真面目で勤勉な性格のカンボジア人は日本の職場の雰囲気にも馴染みやすく、実際に多くのカンボジア人が日本で様々な知識や技能を習得し、帰国してからは自国の発展のために活躍しているのです。