カンボジア技能実習生の送り出し機関の選び方

subpage01

カンボジアの方々は日本に対して好印象を持っている人が多く日本で働きたいと考えている人が多数います。

明日に役立つカンボジアの技能実習生情報のお得な利用法をお教えします。

その背景には日本人と気質が似ていることがありますが、これはいわゆる自己主張が強くないことにつながります。また食文化に似ている点や基本的に素朴で勤勉であることも特徴です。
このようなカンボジアの方々を日本で技能実習生として活躍していただこうという動きがありますが、幾つか問題もあります。そもそも日本に技能実習生として招くにあたっては現地において送り出してもらう必要がありますが、その送り出す機関を決める必要があります。

そしてある意味、カンボジアの方々を技能実習生として招くことの成功の可否はこの機関にかかっているといえます。

機関を選ぶ際の要点としては「通訳の有無」があげられますが、これは日本国内においての有無です。国内に通訳がいませんと、問題が起きたときに対応することができないからです。


次の要点は「直接コンタクトがとれること」です。
反対に言いますと、間に紹介者が入っていないことですが、間に紹介者が入っている状態ですと意思疎通が難しくトラブルが大きくなるケースがあります。

いくら日本と性質が似ているとはいえやはり海外で生活をしますので精神的な問題も起こります。
ですので送り出し機関にて教育を行っている必要がありますが、そうしたこともきちんと対応しているかどうかを確認することが大切です。
こうしたことを怠りますと失踪者問題などが起こる確率が高くなります。



最後に最も大切な要件を紹介しますと国際派遣ライセンスを自社で保有しているかどうかが重要です。



このライセンスを持っているかどうかは政府からの信頼度のバロメーターにもなります。